節約

車の2台持ちは家計を圧迫する可能性大【1台持ちにしよう】

 

・家計が赤字続きで困っている

・家計を見直そうと頑張ってるけどもう削ることがない

 

この悩みにお答えします。

 

記事を読んでもらいたい人

・車を2台以上所持している人

・車を1台にできる可能性がある人

・家計の見直しをしたくて、支出を削る箇所がもうないと思っている人

 

本記事の内容

 

■車の2台持ちは家計を圧迫する

■車を1台減らすのはモチベーションが必要

■もし1台に減らせたら節約効果は絶大

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、ファイナンシャルプランナーの資格を所持しています。

大手副業サイトで家計相談の出店をして、報酬を貰っています。

過去に30件以上の家計相談を解決した実績があります。

 

家計管理に苦しんでるというあなた、車を2台所有していませんか?実は車を1台持ちにすると、家計管理がかなり楽になります。

 

車をもしかしたら1台手放せる可能性がある人は、ぜひ検討してみてくださいね。

 

さぁどうぞ!

 

車の2台持ちは家計を圧迫する

 

 

僕は2019年に車を2台→1台持ちに変えました。車を1台にすると、家計改善が圧倒的に楽になります。

 

車を1台持ちにするとなぜ家計管理が楽になるのでしょうか?

 

①1台増えると維持費で年間15万以上増える

 

結論、車が1台増えると、維持費だけで年間15万以上増加して、逆に車を1台減らしたら、年間15万以上節約できます。

 

車2台のときと1台のときを試算してみましょう。

 

みよきょー
僕の実際のデータで確認してください!

 

2台持ち(普通車+軽自動車)

1台目(コンパクトカー)
ガソリン  :90,000円
自動車税  :34,500円
車検    :50,000円
自動車保険 :52,000円
※車検は2年に1回のため100,000円÷2で試算

2台目(軽自動車)
ガソリン  :60,000円
自動車税  :10,800円
車検    :40,000円
自動車保険 :52,000円
※車検は2年に1回のため80,000円÷2で試算

計389,300円

1台持ち(普通車)

1台目(コンパクトカー)
ガソリン  :90,000円
自動車税  :34,500円
車検    :50,000円
自動車保険 :52,000円
※車検は2年に1回のため100,000円÷2で試算

計226,500円

 

なんと車が2台→1台になるだけで、維持費が年間16万以上変わります。

 

車を減らすだけで節約できるので、電気代や水道光熱費のような、変動費を節約していくよりも効果が絶大ですね。16万あれば多少の贅沢もできるし、貯蓄も十分できるようになります。

 

車を1台にしてもそこまで不便に感じませんでした。僕の通勤が原付バイクになったぐらいですね。雨の日はちょっと辛いですが、全然問題ないですよ。

 

あと、原付バイクは燃費がかなりいいです。僕の職場でガソリン代が月1,500円いかないぐらいです。車だと3倍ぐらいかかりますね。

 

通勤方法だけ変えれば生活に支障がないのなら、車を1台にしてみることをオススメします。

 

まとめ

・車1台に維持費が増えると維持費が年間15万以上かかっている

・車を1台減らせると年間15万以上の節約が可能

・通勤を自転車かバイクにできる人は1台持ちの検討をしてみるべき

 

②車の2台持ちを老後まで続けるのはかなりキツイ

 

車2台持ちを老後まで続けると、維持費を含めると、車1台持ちと2台持ちでは500万以上支出が変わります。(30歳から70歳で試算)かなり変わりますよね。

 

1度車2台持ちと1台持ちで試算してみましょう。

 

試算例

・30歳から70歳までで5回車を買い換える

・10年に1度乗り換え

・普通車を200万軽自動車を100万で購入する

 

2台持ちと1台もちの試算

 

 

 

 

500万違ってきますね。他にも、年間の維持費が15万かかるとすると、5年で75万円違ってきます。

 

まとめると、車を2台もちから1台もちにすると、老後で600万円近く差がでてくることが分かります。節約効果としては圧倒的ではないでしょうか?

 

お金が600万あるとできること

・住宅ローンの繰り上げ返済ができる

・子供の教育資金を十分貯めることができる

・投資に十分な資金を投入できる

・安い一軒家なら購入できる

 

車の2台もちと1台もちで、これだけ差つけることができるのであれば、検討する価値がありますね。

 

現実的に車を1台にできそうな人は、節約効果が高いので、1台持ちにしてみてください。

 

車を1台減らすのはモチベーションが必要

 

 

車を1台持ちにすると、節約効果が圧倒的なのは分かったと思います。

 

でも、車を2台持ちから1台持ちに変えるのは高いモチベーションがいります。

 

僕は貯蓄率を上げたいというモチベーションで、自分の通勤方法を車→バイクに変更しました。

 

①便利さを失う

 

当たり前ですが、車はとても便利です。車2台持ちから1台持ちになると、便利さは当然失われます。

 

車の便利ポイント

・ふとした移動が楽にできる

・雨風関係ない

・荷物がたくさん詰める

・急な外出にも対応できる

 

僕も車2台持ちから1台もちに買えましたが、妻とよく「今日車かして」、「今日車使う?」というやりとりが増えました。

 

車1台になると、急な外出や用事などは少し手間がかかるようになりました。でも、これはだんだん慣れてくるので安心してください。

 

②バイクや自転車を使用する

 

車を1台にできたとしても、車1台だけだと移動が不便になります。

 

僕がオススメするのは自転車やバイクを使用することです。自転車とバイクはふとした移動にかなり便利です。

 

自転車とバイクを持つメリット

・近場の移動に便利

・徒歩に比べて圧倒的に到着するのが早い

・バイクがあれば通勤問題がほぼ解消される

 

自転車とバイクのどちらも持っていない人は、買うのも手です。車を買うよりは安価で買えますので、車を1台にして浮いたお金を充てるのはいい投資です。

 

【まとめ】車を1台減らせたら圧倒的な節約になる!

 

 

繰り返しになりますが、車を1台減らせると、かなりの節約になります。

 

みよきょー
車を1台減らすのは簡単ではないですが、僕も減らせたのであなたもできると思いますよ!

 

①家計は劇的に改善する

 

車を1台減らせると、家計は劇的に改善します。なぜなら、実際に僕がそうだったから。

 

家計管理をしていると、「あと1万円あれば」という場面にかなり遭遇しませんか?車を1台持ちにすると、これを解消できるのが大きいです。

 

あと、車を1台減らすというのは、最初頑張ればあとは勝手に節約できます。

食費水道光熱費は毎月毎月頑張らないといけないので大変です。

この違いは本当に大きいですよ。

 

みよきょー
習慣化できる節約は、毎日がんばらないで節約できるので、オススメですよ!

 

まとめ

・車を1台減らすだけで永続的な節約になる。

食費水道光熱費を減らすよりもかなり楽

・最初我慢するだけいいので、メリットが大きい

 

②頑張る価値は十分すぎるほどある

 

今回は車の2台持ちは家計を圧迫する可能性が高いという話でした。

 

1度まとめます。

 

まとめ

・車の2台持ちは家計を圧迫する

・車を1台減らすのはモチベーションが必要

・もし1台減らせたら圧倒的な節約になる

・まとめ

 

車を1台減らすことは簡単ではありません。便利さが失われてしまいますし、我慢も必要です。

 

でも、頑張る価値は十分ありますよ!

 

車1台持ちのメリット

・大幅な節約ができる

・老後・教育など将来的に不安に感じる支出を補うことができる

・節約を習慣化できれば永続的に節約できる

・同じ世帯収入でも、2台持ちと1台持ちでは貯蓄額に大きな差が出る。

 

もし車を1台にできる可能性があるのであれば、ぜひパートナーと検討してやってみてください。

 

あなたの将来老後のためにも、無理なく節約できる面白い方法です。

 

あなたの家計はあなた自身で守りましょう!

 

今回はここまで

 

-節約

Copyright© みよきょーBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.