お金の考え方

間違った節約は家計崩壊の原因!正しい節約方法をFPが解説します

 

・節約を頑張っているが続かない

・正しい節約方法が知りたい

 

この悩みにお答えします。

 

この記事を読んでほしい人

・節約を頑張っているが続かない人

・正しい節約方法が知りたい人

・節約が成功する考え方を知りたい人

 

本記事の内容

 

■間違った節約方法は我慢すること【続かない】

■正しい節約方法は固定→変動→浪費+オリジナル

■まとめ

 

本記事の信頼性

 

自己紹介

この記事を書いている僕は、ファイナンシャルプランナーの資格を所持しています。

副業で家計相談コンサルタント業務をおこない、実際に報酬を貰っています。

 

お金を貯めるために、頑張って節約をしているけどなかなかうまくいかない人は多いですよね。

 

今回は、間違った節約の考え方と正しい節約の考え方を紹介します。

 

ぜひ今日から実践してみてください。

 

さぁどうぞ!

 

間違った節約方法は我慢すること【続かない】

 

節約=我慢だと思っていませんか?

 

我慢ばかりの節約は間違いです。我慢による節約はやめましょう

 

①我慢すると反動がでかい

 

節約で我慢してる人は、失敗したときの反動が大きくなるので、オススメしません。

 

なるべく我慢ばかりの節約は避けましょう。

 

失敗したときの反動とは

食費を削った反動で、外食が増えた。

安い服を買った反動で、高い服を買ってしまった

エアコンをつけず生活していたが、体調を崩して病院にいった

 

こういうケースは全然ありえますよね。我慢ばかりだと節約は続きません。

 

我慢しない節約をしていきましょう。間違った節約はストレスがたまります。

 

②正しい節約方法は習慣化が最強

 

では、正しい節約方法はどうすればいいのでしょう?

 

結論正しい節約方法は、習慣化することです。

 

節約を節約と感じない状態にまでできると、あとは楽勝です。

 

節約の習慣化とは?

夫婦で携帯を格安SIMに変えて、通信費が1万減った

保険の見直しをして保険料が1万減った

よくわからない年会費がずっと支払われていて解約した

家賃の安い家に引っ越した

 

どれも最初に設定すれば、ストレスをためずに習慣化できます。

 

そのあと何もやらなくてもいいのがとてもいいですね。

 

食費の節約であれば、ずっと努力しないとダメですが、固定費の節約は最初に設定すると、そのあとは半永久的に節約できます。

 

この状態をたくさん増やしていくと、節約上手になれます。

 

これをさらに極めるとミニマリストになれますが、さすがにそこまではしなくていいです。

 

習慣化は、最初だけがんばればそこからは簡単に節約できるので本当にオススメですよ!

 

お金が貯まる人の考え方と特徴を知ろう【意識を変えること】

続きを見る

 

③目的をハッキリさせる【なんで節約しているか?】

 

「あなたはなんで節約しているの?」と聞かれたら、理由を10秒以内に言うことができますか?

 

言えなかった人は節約目的がハッキリしてません。

 

節約は、節約する目的がないとまず続かないので注意です。

 

目的がハッキリしてない状態=ゴールが見えない状態。どの分野でもこれはよくないですよね。

 

節約目的の例

マイホームを建てたい

海外旅行に行きたい

今より貯金がしたい

いい車に乗りたい

 

こうやって目標があるから節約しようとなります。

 

まずは小さな目標でもいいから、節約する理由を作りましょう

 

節約は最初が大事です。なんでもいいので理由を作ってやってみましょう。

 

節約してる家庭と、節約していない家庭では、10年後・20年後に大きな差がでてきます。

 

節約をするしないで、同じくらいの年収の人と比較しても、全然生活の豊かさが違う状態になるのはしんどいですよね。

 

正しい節約方法は固定→変動→浪費+オリジナル

 

これまでは、節約は我慢せずに習慣化しなさいという話でした。

 

これからは正しい節約方法について説明します。

 

①固定→変動→浪費の順番を守る

 

正しい節約方法は順番があります。この順番を間違えるとストレスがすごいので、注意してください。

 

節約の順番

固定費の削減

変動費の削減

浪費の削減

 

固定費の削減

 

節約の中で、固定費の削減が最も重要です。

 

ここの費目はストレスなく削減できるものが多いので、絶対見直しをしたほうがいいです。

 

固定費の見直しとは

通信費

家賃

保険

 

固定費の王道3費目ですが、意外と見直してない人が多いです。

 

ここを見直す、見直さないでは将来的に大きな貯蓄の違いがでますので、必ずやってください。

 

見直しの方法はこちらです。

 

見直しの方法

通信費→格安SIMに変える

家賃→家族会議

保険→信頼できるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談

 

この中では家賃の削減が難しいですが、家賃が1万円2万円減るだけでも、年間支出にするとだいぶ変わるので、見直してみてください。

 

あと、最近固定費の削減で話題になっているNHK料金の見直しがあります。

 

NHK料金も、分からずに何となく契約したものが、結構出費が多くてビックリしたという人もいるので注意してください。

 

 

固定費は他にも細かい支払いをしてるものがあります。

 

細かい固定費

全く行ってないジムの会員費

使ってない固定電話

見てない動画配信サイトの基本料

使ってないカード年会費

ファンクラブ会員費

携帯アプリの月額料

習い事の費用

 

あなたにもあてはまっているものが数個あったのではないでしょうか?

 

僕たちは、契約するときはノリノリでするんですが、解約をするときは動きが鈍くなります。

 

なんとなく支払っているけど、あまり価値を感じないものはどんどん解約していったほうが家計にはやさしいです。

 

何度もいいますが、固定費は削減してもストレスがあまりかからないからオススメです。

 

今ある支出の固定費は全て見直してみるぐらい、気合入れてやってもいいと思います。ぜひ見直しください。

 

変動費

 

変動費は固定費を削減するより大変です。

 

固定費の削減と比較するとストレスがたまります。

 

変動費とは?

光熱費

食費

日用品費

美容費

交際費

 

見直しの方法は家族会議がメインになります。

 

家族で判断して節約できるところがありそうかどうか確認してみてください。

 

浪費

 

ここも無理に削減しすぎるとストレスがたまりやすいところです。

 

でも、お酒やタバコをやめたら節約効果が大きいですし、健康にもなれます。

 

浪費とは?

レジャー費

お小遣い

お酒代やタバコ代

 

僕が浪費の節約方法でやったことに、コンビニでお昼ごはんを買うのをやめた飲み会に行くのをやめたというのがあります。

コンビニでお昼を買わないだけでも、月1万円近く削減できました。

飲み会も二次会やタクシー代を含めると結構な出費ですよね。

こういう支出をなくしていくことは全然可能です。

 

とはいえタバコやお酒や飲み会は、どうしてもやめられないという人もいると思います。無理に削減していくのは避けましょう。

 

家族で「これを節約するとこういうメリットがあるよ。」など、節約に協力してもらうように動いてみるのがいいですね。

 

②家族独自のオリジナル節約術があると強い

 

固定費の見直しはブログでもよく見かけるし、王道パターンなので、結構みんなやってます。

 

固定費の削減効果は絶大ですが、みんな同じことをやっているので、比較するとあまり大きな差がでません。

 

ここで節約に差がでてくるのが、その家族特有の節約術があることです。

 

家族特有の節約術例

自給自足を始めた

500円貯金を始めた

マクドナルドでドリンク買うの禁止

ティッシュはもらいもので頑張る

 

オリジナル感があって楽しいですよね。

 

僕のオリジナルの節約方法で、車を2台から1台にしました。

出勤が車通勤からバイク通勤に変わり、雨の日も頑張って通勤しています。

最初は他の社員から笑われてましたが、車を1台減らすだけで現金が年間15万円以上浮きます。

すごい節約効果ですよね。

 

車の2台持ちは家計を圧迫する可能性大【1台持ちにしよう】

続きを見る

 

家族独自の節約術は笑い話にもできるし、家族が同じルールで頑張れるので楽しいですよ。

 

ここで他の世帯の節約術よりも差をつけましょう。

 

③ものの価値を意識する

 

ものの価値を意識することは重要です。正しい節約知識を身につけましょう。

 

節約というと、できる限りものを安く買うというイメージかもしれないですが、少し違うケースがあります。

 

それはものの価値を考えること。リセールバリューを考えることですね

 

少し具体的に見てみましょう。

 

リセールの考え方とは?

100万の車を買って15万で売ったのと、200万の車を買って150万で売れたのでは後のほうがリセールがいい

・iphoneは高いが、10万で買ったとしても2年後に8万売れた。そのあとは新しいipohneを再購入した

 

ただ安いものを買うだけではなく、売ったときの値段を考えることは重要です。

 

節約=安く買うという訳ではありません。ものの価値をしっかりみて、得する買い物をしていきましょう。

 

【まとめ】正しい節約方法をおこない、最短距離でお金を貯めよう

 

今回は、間違った節約方法は我慢することという話でした。

 

一度まとめます

 

ポイント

節約は我慢すると反動が大きい

節約は最初苦しいがあとから楽になる

節約を習慣化できればストレスなく節約できる

節約する順番は固定費→変動費→浪費

 

節約は意識を変えるだけで、すぐに行動にうつせます。

 

節約は我慢と決して思わないで下さい。

僕は、節約は我慢ではなくて未来への投資だと思っています。

節約がうまくいったら、生活が劇的に変わって楽しいですよね。

 

僕たちが普段当たり前のように払っている中にも、見直しの対象にできる可能性があるものもあります。

 

支出を把握するためにも家計簿をつけることは大事ですね。

 

このブログを読んで節約にむけて行動してみてください。

 

今回はここまで

 

-お金の考え方

Copyright© みよきょーBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.