節約

通信費を下げる方法は格安SIMしかない理由【確実です】

 

・通信費を下げる方法が分からない
・通信費を下げたいと思っている

 

この悩みにお答えします。

 

この記事を読んでほしい人

・通信費を下げる方法が分からない人

・通信費を下げたいと思っている人

 

本記事の内容

 

・通信費を下げる方法は格安SIMしかない

・格安SIMはまだ普及していない

・デメリットを理解して切り替えを検討する

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、ファイナンシャルプランナーの資格を所持しています。

副業で家計コンサルタント業務をとして業務し、実際に報酬をもらっています。

 

通信費を下げたいと思ってる人は多いのではないでしょうか?通信費を下げることができると、あなたの家計を助けてくれますよね。

通信費の削減は、あなたが所持している携帯電話の見直しから始まります。

 

みよきょー
今回は通信費を下げる方法を分かりやすく説明していきますよ!

 

通信費を下げる方法は格安SIMしかない【確実です】

 

通信費を下げる方法は、いたってシンプルです。

 

通信費を下げる方法

①携帯電話料金

②ネット料金

 

圧倒的に下げやすいのは携帯料金です。携帯料金がなぜ下げやすいか見ていきましょう。

本記事では、大手キャリア携帯格安SIMというフレーズがたくさんでてきます。

2つの違いはこちら。

大手キャリア携帯

・docomo

・au

・ソフトバンク

格安SIM

・ワイモバイル

・楽天モバイル

・UQモバイルなど

 

格安SIMにすると、年間10万円以上の節約が可能

 

docomo・au・ソフトバンクの大手3社のiphone11の月額料金を調べてみると、7千円~1万円が相場です。

例えば月8千円かかっているとすると、年間9万6千円の支払いになります。

夫婦で大手キャリアのiphone11を持つと、なんと年間19万2千円の支払いとなります。このまま放置しておくのはは家計を圧迫し続けて危険です。

 

大手キャリア携帯から格安SIMに変更するどれぐらい月額の支払いが変わるのか見てみましょう。

 

格安SIMは月額の支払いを3千円台にすることが十分可能です。

月額の支払い額を3千円で試算としたすると、年間3万6千円の支払いになります。

夫婦で格安SIMに乗り換えると年間7万2千円の支払になり、大手キャリアの支払い額と比較すると年間10万円以上の違いが出てきます。

 

年間10万円以上も節約できると、家計が一気に楽になりますよね。これがずっと続くと、格安SIMに変えた人と変えていない人では大きな差がでてきます。

 

食費や水道光熱費は日々努力して削減しないといけないけど、格安SIMに変える方法は、ただ変えただけで通信費の削減ができます。

簡単で、しかも1回変えると慢性的に支出を削減できるので、かなりおすすめですよ。

 

みよきょー
携帯電話を変えただけで年間10万円の削減、、変えない理由はないですよ!

 

格安SIMはまだあまり普及していない【抵抗感がある】

 

格安SIMは家庭の通信費を劇的に下げるため、節約効果が高いですが、まだまだ普及していません。

 

格安SIMはまだ普及していない

 

あなたの周りにワイモバイルやLINEモバイルを使用している人はいますか?あなたの周りも、大手キャリア携帯を使っている人はまだまだ多いですよね。

実は、格安SIMを使用している割合は全体の20%ほどなんです。

格安SIMの割合が掲載された記事はこちら

 

つまり携帯電話は、まだまだ大手キャリア携帯を使用している人ばかりで、高い携帯料金を毎月支払っている状態なんです。

なぜまだまだ格安SIMの普及率が低く、大手キャリアを使用しているのでしょうか?

 

なぜ大手キャリア?

・通信速度が速い

・大手なので安心感がある

・割賦金の支払がまだ

・乗り換えするのがめんどくさい

 

変更する手続きに労力がかかり、変更を渋る人が多いんですね。

 

30年間で年間300万円以上の支払い額の差がでる

 

大手キャリア携帯と格安SIMを使用している夫婦の支払い額の差を試算してみましょう。

 

試算モデル

・30歳Aさん夫婦

・世帯年収600万

・大手キャリア携帯(月額8千円)を30年使用した場合

8千円x2x12x30=576万円

試算モデル

・30歳Bさん夫婦

・世帯年収600万

・格安SIM(月額3千円)を30年使用した場合

3千円x2x12x30=216万円

 

なんと30年間で360万円も支払額に差がでます。携帯を変える、変えないだけでこれだけの差がでてくるんですね。

 

360万円あれば、他のことがどれだけできるか考えたことがあるでしょうか?結構大きいですよ。

 

360万あればできること

・子供1人分の大学の学費を賄える

・いい車が1台買える

・投資で十分な資金を投入できる

・住宅ローンの繰上げ返済ができる。

 

同じ年収なのにやれることが増えて、生活が全然変わりますよね。格安SIMにする通信費のメリットは圧倒的です。

 

みよきょー
繰り返しになりますが、格安SIMに変えない理由はないですよ!

 

格安SIMのデメリットを理解して切り替えを検討しよう

 

ここまでで、格安SIMのメリットが理解できたと思います。次は、格安SIMのデメリットを理解したうえで乗り換えを検討しましょう。

 

格安SIMのデメリットはこちら

 

格安SIMのデメリット

・電波が悪くてつながりにくい

・会社が多すぎて分からない

・携帯を途中で変えると、違約金とか割賦金が嫌だ

・携帯が古い(新しい携帯を使いたい)

 

電波が悪くてつながりにくい

 

結論、格安SIMはつながりにくいこともあります。ですが、お昼のピーク時に少しつながりにくいと感じる程度で、近年格安SIMの通信速度は強化されています。

格安SIMの通信速度に関する分かりやすい記事はこちら

 

会社が多すぎて分からない

 

格安SIMは通信会社が参入しやすいのでめっちゃ増えています。、現在100社以上あります。

選び方のコツは、全く聞いたことない会社よりは、聞いたことのある有名な会社の格安SIMを選ぶようにしましょう。

 

格安SIMを選ぶときのポイント

・自分が住んでる地域に店舗は多いか?(アフターフォロー)

・通信速度に力を入れているか?

 

格安SIMのおすすめ会社ははワイモバイルです。僕もワイモバイルを使用してます。対応店舗が多いので、アフターも安心なのがとても大きいですよ。

 

ワイモバイルのメリット

・ソフトバンク系列のため、ソフトバンクユーザーは乗り換えがしやすい

・YAHOOプレニアムの特典をそのまま引き継げる

・ソフトバンクでんきをそのまま引き継げる

・価格が3プランしかなく、大手キャリアのような複雑な仕組みになっていない。

 

僕はもともとはソフトバンクユーザーでした。月の支払い額は6千円台でしたね。ここからワイモバイルに変えると、月の支払い額が2千円台になりました。

やはり格安SIMの節約効果は絶大ですね。

 

違約金や割賦金がいやだ

 

格安SIMに変えたいけど、前の携帯の違約金が発生するのがもったいないからいやだ!

という主張は残念ながらまだまだ多い状況。でも、トータルの金額で考えてみてください。

 

結論ですが、違約金は1万円かかっても3ヶ月あれば元が取れます。大手キャリアと格安SIMでは、支払額の差が全然違いますからね。

3ヶ月で元がとれるのであれば、実はさっさと格安SIMに乗り換えてしまったほうが安いんです。

金額を試算する場合は違約金のような直近の金額だけではなく、支払額などのトータルの金額も見るようにしましょう。

 

違約金や割賦金について

・違約金は1万円かかっても3ヶ月で元が取れる

・できるなら早く変えたほうが節約効果は高い

・試算する場合はトータルで元が取れているかを考える

 

みよきょー
今のところ格安SIMは、あまりデメリットを感じませんね!

 

格安SIM携帯が古い(携帯を使いたい

 

格安SIMでiphoneにしたいけ型が古くないかな?

 

という疑問の結論ですが、格安SIMの形態は型が古いものです。ワイモバイルで格安SIM契約で置いてあるiphoneはiphone7ですね。

 


でも、新型iphoneをワイモバイルで使用する方法があるんです。

新型iphoneで格安SIMを使いたいという人は,SIMフリー新型iphone+格安SIM契約という選択肢がいいですよ。

ざっくりですがこの方法で新型iphoneを契約すれば、大手キャリアを持つよりも3千円前後の節約が可能です。

初心者の方は、とりあえずSIMフリーのiphoneをアップルストアで購入し、ワイモバイルの窓口に持っていけばスムーズに変更手続きをしてくれますよ。

注意点としては、店頭手続きをすると、更新手数料3千円をとられます。抵抗がある人は自分でやれば無料で変更できます。

 

新型iphoneは、リセールが高いのも大きな特徴です。SIMフリーの新型iphoneは割賦金契約ではないので一括で買うと高額に感じると思いますが、1度購入すると、次の新しいiphoneを購入するときに、売ってお金にすることができます。

大手キャリアよりも安く新型iphoneを手に入れることができますので、検討中の人は試してみてください。

 

新型iphone+格安SIM

・大手キャリアよりも安く新型iphoneをゲットできる

・入手したiphoneは一括で払えばすぐに自分のもの(資産)にできる

・1度新型iphoneを入手すれば、高いリセールが期待できる(新しいiphoneを実質安く買える)

 

【まとめ】格安SIMはメリットが大きい!必ず変更しよう

 

今回は、通信費を下げる方法は格安SIMに変更するしかないという話でした。

 

1度まとめます。

 

まとめ

・通信費を下げる方法は格安SIMしかない

・格安SIMにすると、年間10万以上の節約が可能

・格安SIMはまだあまり普及していないのでまだの人は早く変えよう

 

格安SIMにする節約メリットは、FP(ファイナンシャルプランナー)からみても大きいです。1度変えたら、固定費としてずっと節約効果が持続できることが本当に大きいんですよね。

 

手続きがめんどくさいと感じている人も、店頭窓口に行けばすぐ手続きしくれるので、ぜひ格安SIMに変えてしてあなたの家計を守りましょう。

 

今回はここまで

 

-節約

Copyright© みよきょーBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.