子供資金

子供の教育資金は児童手当の200万を貯めればほぼクリアできる理由

 

子供の教育資金を貯めたいけど、なかなかうまく貯まりません。

子供の教育資金はいくら貯めればいいか知りたいです。

オススメの貯金方法を教えてください

 

この悩みにお答えします。

 

この記事を読んでほしい人

・子供の教育資金を貯めたいけどなかなかうまく貯まらない人

・子供の教育資金はいくら貯めればいいか知りたい人

・オススメの貯金方法を教えてほしい人

 

本記事の内容

・子供の教育資金は児童手当を必ず貯金しよう

・子供の教育資金を総額で見ると絶望する【気にしなくていい】

・【まとめ】教育資金は、不確定な情報絶望せずじコツコツ貯金しよう

 

本記事の信頼性

 

自己紹介

この記事を書いている僕は、ファイナンシャルプランナーの資格を所持しています。

副業で家計相談のコンサルをおこなっており、実際に報酬を貰っています。

副業ブロガーとして、ブログ運営を開始しました。

 

子供への教育資金の工面は、親の責任でもあり人生の重要な支出の1つです。

 

でも、実際にどういう計画を立ててお金を貯めていけばいいか分からなくて悩んでる人も多いのではないでしょうか?

 

今回は、子供の教育資金をいくら貯めればいいか、教育資金をどうやって貯めればいいかを分かりやすく説明します。

 

みよきょー
高額な教育資金に絶望せず、この記事を読んでお金を貯められるぞという感覚を掴みましょう!

 

子供の教育資金は児童手当を必ず貯金しよう

 

結論ですが、教育資金は子供の大学入学までに、400万円貯金することを目標にしてください。

 

なぜなら、子供の大学入学までに400万円あれば、家庭の資金繰りに困ることがほぼなくなるからですね。

 

①大学入学までに子供1人400万の貯金を目標にしよう

 

一般的に大学の教育資金は、300万~500万円必要だと言われています。まずはこの間である400万円貯めることを目標にしましょう。

 

思ったよりも少ないな

 

と感じる人もいるでしょう。でも、FP(ファイナンシャルプランナー)のライフプランニングでも、大学入学までに400万円貯めましょうという提案は一般的なんです。

 

僕の相談者にも、将来子供を大学に通わせたいと考えている家庭には、大学入学までに400万円を貯めましょうと提案しています。

 

相談者の中には、どんな進路でも対応できるように、教育資金をしっかり貯めたいという人もいます。

 

でも、進路がオール私立になると、1000万円以上貯めないといけないのでかなり大変です。

 

教育資金は、不確定要素が多すぎます。子供の進路が完全に親の理想通りにいくことがまずないからですね。だから、子供の教育資金を完璧に設定するのは難しいです。

 

子供の教育資金が不確定要素である理由はこちら。

 

子供の教育資金の不確定要素

・そもそも大学進学するのかがすら不明

・国公立大学なのか私立大学なのか不明

・文系なのか理系なのか不明

 

こういった不確定要素を考慮して、ためるべき金額が400万円という額は、ちょうどいい金額設定なんです。大学の入学金や学費も賄える額ですからね。

 

みよきょー
不確定要素を考えすぎるのはしんどいので、まずは400万円貯めましょう!

 

②児童手当だけで約200万円貯めることができる

 

いきなり教育資金400万円を貯めることはかなり大変です。でも、児童手当を完全に貯金することができれば、一気に400万円を貯める難易度が下がりますよ。

 

児童手当は、満額貯金すると約200万円貯金することができます。

 

児童手当の支給額

・3歳未満:月1万5,000円

・3歳以上から小学校修了まで:月1万円(第3子以降は月1万5,000円)

・中学生:月1万円

 

これを満額計算すると総額約200万円になります。(生まれた月によって少し額が変わります)

 

かなり高額になりますよね。これを生活費に回さずに、頑張って貯金していきましょう。

 

家計が厳しくて、児童手当を生活費に回してしまう人は、収支状況が慢性的な赤字になっている可能性があります。

 

そういう場合でも児童手当はもともとないものとして家計管理するようにしてください。児童手当を絶対に使わず、確実に貯金できる仕組みを作るのが大切です。

 

児童手当を確実に貯金していく方法はこちらです。

 

確実に貯金できる仕組み

・先取り先取り貯金をする

・子供の口座にすぐ移す

・絶対に手をつけないルールを作る

 

画期的な方法あはありません。気持ちを仕組みでコントロールしていく感じになりますね。

 

僕は、意思だけでお金を使わないようにするのは不可能だと考えています。意思よりも仕組みづくりのほうが大切ですね。

1番効果的で確実な方法は、児童手当が入金されたら、子供用の口座にすぐ移すようにするのが1番確実だと思いますよ。

 

児童手当を満額貯金することができれば、200万円貯金できるので、大学資金の悩みが一気に解消されます。

 

しかも児童手当は、子供がいる世帯は必ず支給があるものです。これだけは頑張って貯金しましょう。

 

みよきょー
児童手当を貯金して、他の世帯に差をつけていきましょう!

 

③18年で残り200万を貯めればいい【十分可能】

 

児童手当を満額貯めることができれば、子供が大学入学する18歳までに、あと200万貯めることができれば、400万円になります。

 

では月額いくら貯めていけばいいのか?計算するとこうです。

 

200万÷18(歳)÷12(ヶ月)=9,259円

 

きりがいいので1万円にしましょう。

 

つまり、月1万円ずつ積立てると、18年間で216万円になります。月1万円なら十分可能だと思った人は多いのではないでしょうか?

 

月1万であれば学資保険に新たに入るなど、特に家計を圧迫せずに、ちょっと節約するだけで貯めることができますよね。

 

すぐにできるおすすめの節約方法はこちら。

 

節約の例

・たばこをやめる

・お酒をやめる

・月額サービスをやめる

・保険の見直しをする

・コンビニに行かない

・服を買わない

 

過去のコンビニに行かないようにするだけでお金が貯まるという記事を書きました。詳しくはこちらから確認してください。

 

家計を改善する効果的な節約方法は脱コンビニ!【FPが解説】

続きを見る

 

自分が我慢するのは結構難しいですが、子供のためならと思えば我慢できる気がしますよね。

 

子供が大学入学するまでに18年もあるんだから、まずはちょっとだけ頑張って節約で貯めていきましょう。

 

みよきょー
児童手当+月1万の積立のセットをすぐに始めて、楽に400万円貯めて、子供の教育資金を確保しましょう。

 

子供の教育資金を総額で見ると絶望する【気にしなくていい】

 

子供の教育資金って、かなり高額だと聞きますよね。中には数千万円必要だと言う人もいます。

 

でも、子供の教育資金は総額で見ずに、この日までにいくら必要だという見方に変えていきましょう。

 

こういう見方ができると、現実的な貯金計画が立てれるようになります。

 

①大学まで子供の教育資金はそこまで困らない

 

子供の教育費用は1000万、2000万以上かかると聞いたことがありますよね。この金額だけ見ると、ゴールが見えなくなって途方に暮れる可能性もありますね。

 

でも実は、子供の教育資金は大学入学まではそこまで困りません。なぜなら、高校卒業までの教育費は毎月の家計の支出に組み込んで支払っているからですね。

 

高校卒業までの主な支出はこちらです。

 

高校までの教育費

・学費

・塾代

・学校行事

・入学費用など

 

高校卒業まではお金を数百万単位で貯めておかないと困る場面はほぼありません。特に小中学校と公立であれば、比較的困ることなく支払うことができると思います。

 

本格的にお金がかかるのは、子供が大学生になってからですね。大学入学までに、必要な額をどれだけ貯めることができるかが大事です。

 

そこでさっきから繰り返し言っているように、大学入学までに400万円を貯めておくというのは、理にかなった額です。

 

教育資金を数千万貯めるとか、不可能な金額を目標にしてしまうと続かないので、現実的でゴールが見える金額をコツコツ貯金していきましょう。

 

みよきょー
積立をするのは早ければ早いほうがいいですよ!

 

②子供にいくらかかるかは誰も分からない

 

繰り返しになりますが、子供の教育費は不確定要素が多すぎます。進路によって全然金額が違うし、結局いくら必要かは誰も分かりません。

 

子供の教育費が不確定要素である具体的な例はこちら。

 

不確定要素の例

・国公立なのか私立なのか?

・受験に合格するのか落ちるのか?

・自宅通学なのか県外1人暮らしなのか?

・海外留学

・大学に行くのか行かないのか?

 

これだけでも金額が全然違うし、自分の子供の人生でも全く分からないですよね。

 

であるから、教育資金として400万円を最低確保しておいて、あとから余力があれば、他でしっかり貯めておくことをオススメします。

 

具体的には、教育資金400万円の他に500万を貯金できた場合、教育資金が多くなればここから補えばいいですね。

思ったよりも教育資金が少なかった場合は、そのまま置いておけば大丈夫です。

 

別で現金を貯金しておくと、いろいろな用途に合わせてお金を使うことができます。これが便利ですね。

 

繰り返しですが、子供の教育費を400万貯めて、余ったお金はどんどん貯金しておく方法がおすすめです。

 

みよきょー
子供の人生は様々です。しっかり応援できる体制を作りましょう!

 

【まとめ】教育資金は、不確定要素に絶望せずじコツコツ貯金しよう

 

今回は、子供の教育資金は児童手当の200万を貯めればほぼクリアできるという話でした。

 

1度まとめます。

 

まとめ

・大学入学までに400万を貯めよう

・児童手当を満額貯金すると、約200万になる

・18年で残り200万を貯める計画を立てよう

・子供の教育費は結局いくらになるか誰も分からない

 

繰り返しになりますが、子供がどういう道に進んで、どれだけお金が必要になるかは誰にも分かりません。

 

そういう不確定要素を予想して、教育資金を貯めようとするので、子供の教育資金の確保はしんどいです。ゴールが分からない状態なんですね。

 

まだ住宅購入の方が3,000万円貯めようとか、計画を立てやすいですよね。

 

教育資金をいくら貯めればいいかが分からないのであれば、あまり考えすぎず、コツコツと貯めて柔軟に対応できるようにしておいたほうがいいですね。

 

まずは児童手当と積立貯金を利用して、子供の大学入学までに400万円を貯めることから始めてみましょう。大学入学までに400万円ためることは、現実的に可能な金額です。

 

教育資金作りは、絶対に早く始めた方がいいので、今から教育資金を貯めていってくださいね。

 

あなたの家計はあなた自身が守りましょう。

 

今回はここまで

-子供資金

Copyright© みよきょーBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.