BUSINESS

【退職代行体験談】退職代行を実際に利用されたときの会社の対応方法

 

会社を退職する予定ですが、退職代行を利用しようか迷っています。

退職代行を実際に使われた企業の感想が知りたいです。

 

この悩みにお答えします。

 

この記事を読んでほしい人

・退職代行を利用しようか迷っている人

・退職代行を実際に使われた企業の感想が知りたい人

 

本記事の内容

・会社が退職代行を実際に使われたときの動き方

・社員が退職代行を実際に使われたときの感想

・会社が退職代行を中小企業が使われたときの対処法

・【まとめ】退職代行はまだまだ知名度が低い!会社側も対応方法を作っておこう

 

本記事の信頼性

 

自己紹介

この記事を書いている僕は、ファイナンシャルプランナーの資格を所持しています。

副業で家計相談のコンサルをおこなっており、実際に報酬を貰っています。

副業ブロガーとして、ブログ運営を開始しました。(2020年4月開始)

 

最近テレビでもよく取り上げられている退職代行。

 

自力で退職することができない人も多いようです。若い世代を中心に利用が増えいて、退職しやすい環境ができてきているようですね。

 

退職代行とは?

 

退職代行は、退職することを伝えることができない人に変わって、退職するまでの手続きを行う代行サービスです。最近になって伸びてきましたね。

 

退職代行のサービス内容は、退職の意思表示を労働者に代わって伝える、ということです。法律の専門用語でいうと、「代理」もしくは「使者」という扱いとなります。

退職代行のサービス内容は、意思表示を伝えるだけに留まるものから、退職の際に発生する関連資料や貸与物の授受を代わりに行うサービス、更には、未払残業代問題、セクハラ、パワハラ等の労働問題の一括解決も行ってくれるサービスまで、様々な種類があります。

会社側(使用者側)で、退職代行に対応する際には、その退職代行業者が、どこまでのサービスを行っているのか、また、そのサービスを行う正当な権限を持っているのか、という点の確認が必要です。

引用元:企業法務弁護士BIZ

 

退職代行を利用する側の情報は、結構出てきたと思います。でも、退職代行を受けた企業が、どういう対応をするのかというのはあまり知られてないですよね。

 

実は僕の会社も、実際に退職代行を使って退職した社員がいます。

その時にどういう流れで退職までいったか、退職代行で退職した人がいて、どういう心理状態になったかを分かりやすく説明します。

 

さぁどうぞ!

 

会社が退職代行を実際に使われたときの動き方

 

まずは退職代行の流れを開設します。

 

退職代行が始まると、本当に社員が退職者本人とやりとりをすることが一切ありません。

 

会社は退職する人が急に出勤しなくなって、そのまま退職するので、結構落ち着かない心理状態になりますね。

 

①退職代行をするための流れ

 

退職代行は、退職者本人と一切やりとりすることがありません。代行会社、士業とのやりとりになります。

 

退職までの流れはこちらです。

 

退職までの流れ

①代行会社から退職の連絡がくる

②司法書士が来訪

③退職の手続きを完了させる

④私物や備品の返送

 

まずは退職代行会社から連絡が入ります。電話を受けた人は、退職代行という珍しい内容の電話なので、かなりびっくりすると思います。

 

できれば退職代行の内容は、守秘義務の関係もあるので、こっそり上司に相談しましょう。

 

今回僕の会社が受けた退職代行の態度はこうでした。

 

退職代行会社の態度について

・今回受けたところは電話態度は、あまりよくなかった印象

・退職は社員の権利であり、法律で守られているんですよという感じが強かった

・結構一方的な感じで話される

 

退職代行会社のミッションは、依頼主を退職させることです。そのため、企業に対しては強い姿勢でくるのかもしれません。

 

会社側の対応としては、労務に1番詳しい人が担当し、後日、士業を通して退職手続きを完了させました。

 

退職代行を利用すると、退職者本人はあっさり退職できたと思うでしょう。でも会社側は、電話対応や、アポからの退職手続きなど、結構バタバタしている印象でしたね。

 

電話のアポから解約手続きまでで大体2、3日で完了しました。

 

②退職者への荷物の返送

 

退職手続きが完了したあと、残された会社員がやることはこちら。

 

残された会社員がすること

・荷物を返送する

・パソコンのデータ整理をする

・保険証や名刺など、会社支給品を整理する

 

退職代行で退職が完了しても、まだまだ終わりではありません。急に退職してしまったので、事務所内に退職者の荷物が大量に残っている状態。この荷物を本人に返送する必要があります。

 

残された社員で手分けして、残っている備品や私物などを、直接本人宅へ郵送しました。荷物が多いと結構大変な作業です。

 

あとは、物の整理だけでなく、退職者のパソコンのデータなどを削除して整理をする必要があります。こちらも担当が、退職者のPCに入っているデータを全て削除。これがかなり大変だったようです。

 

退職代行を使うと、本人はあっさり退職できますが、残された社員が後片付けをしているんですね。これが結構大変です。

 

中小企業が退職代行を実際に使われたときの感想

 

退職代行のことはテレビの特番や、ネットニュースなどで知っていたんですが、実際に使われると結構びっくりしましたね。

 

まさか自分の会社が使われるのかと思いました。

 

退職代行を受けた社員の心情は様々です。退職代行を利用すると、全ての人がいい気持ちで終えることは、今の段階では難しいですね。

 

①退職代行をされると、どうしてもザワザワしてしまう

 

退職代行を使って退職することは、まだまだ珍しいです。実際に退職代行を使って退職されると、周囲のザワつきが明らかでした。

 

ザワついた理由がこちらです。

 

ザワついた理由

・退職代行を使うことをそもそも想定していない

・退職代行は聞いたことある程度だった

・退職する雰囲気を、その人から事前に感じ取ることができなかった。

 

やはり想定外のことが起こり、ちょっとしたニュースになります。この辺は守秘義務の徹底が必要ですね。

 

昨日までふつうに出勤していた人が急に退職するわけですから、結構びっくりします。

今回退職した人は、「この人は多分退職するだろな」という雰囲気も分からなかったですね。

直接退職届を出せなかった理由もあるだろうし、ここまで思いつめていたのかと考えてしまいましたね。

 

退職代行は便利なサービスですが、残されたほうは、結構ショック受けたり、考えこんでしまう人が出てきます。

 

退職代行は、できるだけどうしても使わなければいけない人の最終手段として、利用するのが今のところはいいでしょう。お金もかかりますしね。

 

②退職代行されると気分を害する人が出てくる

 

退職代行を利用するとあっさり退職できますが、残された人の中には、気分を害している人もいました。

 

イライラしている人は、こういう理由からです。

 

イライラした人の理由

・ちゃんと対面で退職したいと言うべきではないか?

・勝手に退職したのに、こっちの後始末が大変なのが腹が立つ

・一方的に退職した感じが耐えられない

 

こういう気持ちがでてくるのも分かりますね。

 

もし普通に退職するのであれば、上司に退職の意思を伝えて承認をもらい、ある程度自分の仕事を、他の人に引き継ぎをしてから退職する流れが一般的です。

でも退職代行には、この流れが全くありません。退職者本人が一切関わることなく退職が完了してしまいます。

 

退職代行の中には、同僚や部下が急に退職したというケースもあるでしょう。退職代行は退職者にとっては効率がいいですが、少しさびしい感じがしますね。

 

退職代行は、みんながハッピーになれる、前向きな退職ではなくなることを覚えておいてください。できるなら他に円満に退職できる方法がないか考えてみましょう。

 

③退職代行を地方で使う場合は目立つので注意が必要【最終手段】

 

都市部であれば、退職代行は割と使用頻度が上がっているのではないでしょうか?

 

でも、地方の会社が、退職代行を利用したり受けるケースはまだまだ少ないです。

 

地方は思ったよりも狭いです。なので、退職代行を地方利用して退職しても、他の場所でばったり会ってしまう可能性が高く、気まずい感じになります。

 

決して会うことが悪いわけではありませんし、会ってもそれを笑い話にできるのであればいいんですけどね。

 

注意しないといけないのが、退職した人は原則会社の人に会いたくないから退職代行を利用したわけです。

残った社員も退職の手伝いや、急に辞められたという怒りもあり、何かしら遺恨が残っている状態です。

 

こういう状態なのに、遭遇する可能性が高い地方で、退職代行を使うのはちょっとリスク大きいかもしれません。

 

僕の会社で退職代行を利用して退職した人は、今、県外で働いているようです。

県外で働くのであれば、他の場所で会う確率はグっと減ります。

県外で働くことがほぼ決まっていたから、退職代行を利用したのかもしれませんね。

 

退職代行を地方で利用する場合は、他の場所で前の社員と遭遇する可能性が高いことを理解しておいてください。地方って結構狭いですよ。

 

退職代行を中小企業が使われたときの対処法

 

会社はまだ、退職代行への対応がいまいちつかめていないのではないでしょうか?

 

会社が退職代行の処理するときに大切なことは、冷静に対応することです。

 

①就業規則・法律を照らし合わせる

 

退職代行を利用されたことが分かった場合は、まず冷静になりましょう。

 

連絡手段は退職代行会社との、電話とメールでのやりとりになりますので、熱くなりすぎないように対応するのがいいですね。

 

退職代行の対応方法はこちら。

 

退職代行の対応方法

・労務に強い担当が対応する

・相手が言ってることを理解する

・就業規則と法律を照らし合わせて、向こうの指示に従う

 

原則、相手とは争わずに淡々と作業することです。退職代行を利用されて最初は動揺すると思いますが、退職代行を利用されたのは結果なので、こちらではどうすることもできません。

 

説得して退職をやめさせても、なんの意味もないですので、退職をする社員の意思を尊重し、すばやく退職の手続きを行いましょう。

 

②基本的に争わない・感情的にならない

 

人によっては、退職代行を利用されたことに、怒りを感じる人もいるでしょう。

 

でも、基本的に退職代行の会社側の対応スタンスは、争わない、感情的にならないことが大事です。

 

なぜなら退職は社員の権利であり、会社は退職を拒むことはできないから。退職を会社が拒否してしまうと、法に触れる可能性があるので注意が必要です。

 

退職代行のやりとりで感情的になるのも逆効果です。退職代行を使われると企業側は基本的にどうすることもできないことを理解しておきましょう。

 

あまり興味を持たずに、事務的に作業するほうが精神的に楽かもしれませんね。

 

③本人を説得しない・連絡しない

 

これは僕の会社でも徹底してましたが、退職代行を利用した人を説得したり、連絡をするのを控えるようにしましょう。

 

理由は、退職の意思がある人に、別に説得しても意味がないからですね。

 

退職代行を利用したということは、普通に退職することができず、なにかしら訳ありの状態であると僕は思います。

 

退職代行を使ってまで退職したい理由はこちら。

 

退職代行を使う理由

・会社の人に会いたくない

・説得される時間が面倒

・引き継ぎがしんどい(すぐにでも辞めたい)

 

こういう理由がある人に対して、こっちから連絡を入れて説得することは筋が通っていません。退職代行を利用する=スムーズにフェードアウトしたいということです。

 

説得したい気持ちは分かりますが、退職代行を利用した人は、そっとしておきましょう。そのほうがお互いのためですね。

 

【まとめ】退職代行はまだまだ知名度が低い!会社側も対応方法を作っておこう

 

今回は退職代行を利用されたときの企業側の対応方法という話でした。

 

1度まとめます。

 

まとめ

・退職代行を使われると本当に利用者に会わずに退職できる

・退職代行を使われると、会社のほうの後処理が結構大変

・退職代行を担当する部署は、感情的にならずに冷静に対応しよう

・退職代行利用者本人への連絡、説得は絶対にやめておこう

 

退職代行の利用者は、退職代行のプロのサポートもあり、スムーズに退職できるでしょう。

 

でも、残された方はやることも多いし、イライラしたり、感情的になったりする人がで出てくる可能性があります。

 

退職代行は、まだまだ新しいビジネスなので、依頼者、処理者すべての人が満足できるビジネスにするのは時間がかかりそうですね。

 

会社が退職代行を受けて、まず徹底するのべきなのは、守秘義務を守り抜くことだと思います。

 

今回僕の会社は、退職代行の電話を受けることが初めてだったので、なかなか漏洩厳守が難しい状況でした。

次回もし、このようなことがあった場合は、もっと冷静に対応するべきです。

 

今後どの企業も、退職代行を利用する社員が増える可能性は高いです。

 

なぜなら、退職したくても言いにくい、言えない人はかなりいるからですね。

 

退職代行はビジネスの目のつけどころが面白いので、今後大手企業の参入もありえます。もしかしたら今後、もっと簡単な方法で退職ができるかもしれませんね。

 

退職代行に対してスムーズに対応できるための、対応マニュアルを作成するなど事前に準備しておくことをオススメします。

 

間違った対応をしてしまって、法律に触れたり、遺恨を残したりしないようにしましょう。

 

今回はここまで。

-BUSINESS

Copyright© みよきょーBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.